スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



   【モデダイ】初公開!元ファッションモデル・早乙女唯が語る、カリスマモデルのスーパーダイエット!(完全サポート付き)   






--/--/-- スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本 柔道のご紹介!

日本柔道整復接骨医学会学術大会
来たる、11月23日(日)・24日(祝)に東京 にて「第17回 日本柔道整復接骨医学会学術大会」が開催されます。 本学院から、小林先生率いる「コバゼミ」の学生6名が、この学会に参加して発表 を行います。 発表内容は、 ...(続きを読む)


柔道岡目八目
この後、勝つための柔道に拘った石井は日本柔道界に居所が無くなったように、格闘技に転進したことで、日本柔道が今後どの道を進むのか非常に難しい問題に直面したように思った。 こういう困難な時期に、柔道の総本山として知られる講道館(東京・文京 ...(続きを読む)


インフルより強力らしい
南米産の凶悪な水虫菌が日本に上陸し、猛威をふるっている。 足だけでなく体や髪の毛にも伝染する感染力の強い菌で、柔道やレスリングなどの格闘技関係者に患者が多いという。感染初期に自覚症状はないが、髪の毛に伝染すると頭髪が抜け落ちてしまうこと ...(続きを読む)



日本古来の柔道を守るため、国際柔道連盟から脱退するというのは愚かな考えでしょ....
日本古来の柔道を守るため、国際柔道連盟から脱退するというのは愚かな考えでしょうか?またそうするとオリンピックに出場できなくなるのでしょうか?勝負という点から判断すると、今の外国人の戦法はもちろん理解できます。組むと日本人には勝てないので、力で対抗するしかない。当然です。しかしながら試合そのものだけでなく、礼の作法など柔道の本質はまったく理解されていません。それを求めるのも愚かなのかもしれませんが。。審判も国際化が進むにつれ、世界中から召集することが求められますが、そうするとマニュアルどおりの判定しかできず、微妙な技には対応できなくなり、レベルが低下する。ついには理事に日本人の名前はなくなり、これらの傾向はどんどん深刻になっていくでしょう。このような状況の中、日本が国際大会に参加する意義というのが自分にはわかりません。(続きを読む)


日本柔道は伝統を守るべきだと思いますか?
日本柔道は伝統を守るべきだと思いますか?北京五輪での柔道競技が終了し日本は男子が過去最低の2個となってしまいました。原因に一本を取りにいく日本柔道の伝統が言われています。海外特に欧州では効果や有効などで確実にポイントを稼ぐ柔道が主流らしいです。又レスリングのような倒れた状態での攻防も目立ちます。柔道は五輪の競技にもなりスポーツとしての存在も大きいですが元をたどれば明治以前は柔術として武士の肉体精神を鍛えていた武道としての一面もあります。故に清廉潔白で戦うという意味で胴衣は白でしたがわかりにくいという理由で青が導入されたり欧州が柔道界を動かすようになって来ました。欧州は柔道をスポーツととらえているようです。スポーツと考えるなら変わっていく必要もあります。しかし武道と考えるなら精神など伝統を重んじるべきです。皆さん柔道はスポーツとしてか変わっていくか武道として伝統を守るべきかどちらのお考えですか?(続きを読む)


日本柔道の勘違いと時代遅れ。オリンピックに出たいのなら、谷や鈴木の惨敗、石井....
日本柔道の勘違いと時代遅れ。オリンピックに出たいのなら、谷や鈴木の惨敗、石井の金を教訓にしてほしと思いますが、いかかでしょうか。山下泰裕氏が、8月17日産経で、「本来は日本に有利になる、組まない選手への『指導』が逆に谷の負けを決めた...残り30秒以下での論議に議論があるのは知っているが、あの時点では明らかに谷が組むのを嫌っていた。」、と述べている。谷のコーチはとんちんかんな抗議をしていたが、世界を知る山下氏はさすがに状況を冷静に見ていた。オリンピックは、日本柔道の祭典ではなく、スポーツの祭典です。スポーツであれば、JUDOと呼ばれる点数制の海外流「柔道」の方が当然自然です。日本が本来の一本をとる柔道にこだわり続けるのであれば、オリンピックに参加するのは止めた方がいいのでは。金をとって日本の窮地を救った石井に対して、それまで侮蔑するような柔道解説者が多かったが、彼らは、今後とも石井流スタイルを侮蔑するつもりでしょうか。私は、日本の柔道界は、それをスポーツとして行うつもりなら、今後は日本よりも海外から学ぶことの方が多いように思います。(続きを読む)



スポンサーサイト



   【モデダイ】初公開!元ファッションモデル・早乙女唯が語る、カリスマモデルのスーパーダイエット!(完全サポート付き)   






2009/04/15 未分類 トラックバック:0 コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 柔道 2007のご紹介! | HOME | 柔道 背負い投げのご紹介! >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。